press to zoom

press to zoom

press to zoom

press to zoom
1/13

La Scala AL5

PREMIUM LOUDSPEAKER(1台)

希望小売価格:オープンプライス

形式

 3ウェイ・オールホーン方式・フロア型

再生周波数帯域

 51Hz - 20kHz (+/- 4 dB)

出力音圧レベル

 105dB @ 2.83V / 1m

定格入力/最大入力

100W/400W

最大出力音圧レベル

121dB

インピーダンス

クロスオーバー周波数

HF: 4.5kHz,  MF: 450Hz

HF ドライバー

2.54cm 軽量型ポリイミド振動版

コンプレッションドライバー(K-7711)

ミッドレンジ

5.08cm フェノリック振動板

コンプレッションドライバー(K-702)

LF ドライバー

38.1cm 繊維複合材料コーンウーファー

(K-33-E)

ターミナル

バナナプラグ対応ネジ式ターミナル 

バイワイヤリング対応

外形寸法(WHD)

 61.59 cm x 101.6cm × 64.29 cm

質量

91kg

horn.jpg

ミッドレンジは、スピーカーの設計において最も重要なパーツの一つである。
by Paul W. Klipsch

Klipschornのミッドレンジは、システムのパワーとパフォーマンスの最大化を図るために2インチ(5.08㎝)のフェノリック振動版コンプレッションドライバー(K-702 )が高効率ホーンに搭載されています。その結果、システムの歪を最小限に抑え、リスニングエリア全体に明瞭で安定したサウンドを提供 します。

tweeter.jpg

90° x 40° Tractrix® ホーン

1インチ(2.54㎝)のポリイミド振動版と銅で覆われたアルミニウム製ボイスコイルで構成されたネオジムツイーターによって高域のリスニングエリア全 体が均一となり、より広いスイートスポットを実現します。また、この軽量ダイアフラムと高強度マグネットによって109 dB の高効率ツイーターが実現しました。

よりコンパクトなデザインで最高級のサウンドを提供するLa Scalaには、15インチ(38.1cm)ファイバーコンポジットコーンウーファー(K-33-E 15”)が搭載されており、歪を抑え解像度と分解能を高めたローレンジを再生します。ウーファー部のホーンには、1940年代にクリプシュ社の創立者ポール・W・クリプシュが考案した独自のフォールデッドホーン(折り曲げホーン)が採用されています。

naka.png
tansi.jpg

バイワイヤリングとバイアンプ

強力で汎用性のあ る高品質の入力端子を用いており、バイワイヤリングまた はバイアンプ接続が可能です。また、入力パネルには高 品位なアルミ二ウムを採用しています。また、内部配線に は、優れた導電性により電気的劣化と効率損失を最小限 に抑えるケーブルを採用しています。

Web Ready-LaScala_AL5_Lifestyle_3.jpg

Klipschは、スピーカーにおいてキャビネットが重要な役割を占めると常に認識しています。インディアナ州インディアナポリスのエンジニアからアーカンソー州ホープの職人に至るまで、常にキャビネットを重視しています。 キャビネットは最高級の結合用素材のみを使用して組み上げられており、世代を超えて末永くご愛用いただけるスピーカーとなっています。

正確な対称性を保持したキャビネットは美しく一貫した仕上がりとなっています。左右ペアで同じ木材から作られた板材を使用しており、各キャビネットを慎重に一致させています。各スピーカーはシリアル番号で管理し、左右の組み合わせに対し細心の注意を払っています。

c.png
NATURAL CHERRY
w.png
AMERICAN WALNUT
b.png
SATIN BLACK ASH